HOME>注目記事>色々選べる!心理カウンセラーの資格取得方法

心理カウンセラーの仕事とは?

心理カウンセラーの役割は、仕事のストレスや家庭不和といったクライアントの悩みに耳を傾けて、必要なサポートを行うことです。

心理カウンセラーの資格を取る方法

大学に進学して資格取得を目指す

大学に進学すれば、公認心理士のような国家資格を取得できます。

短期大学に進学して資格取得を目指す

短期大学でも資格取得を目指せますが、短期大学で基礎を学び、4年生大学に編入することも可能です。

専門学校に通って資格取得を目指す

専門学校でも、専門の講座を修了することで心理カウンセラーの資格取得が可能です。

通信講座で資格取得を目指す

通信講座でも、メンタルケア心理士のような民間資格の資格を取得できます。

独学で資格取得を目指す

民間資格であれば独学でも資格取得は目指せますが、短期間で専門的なスキルを身につけることは難しいでしょう。

人を助ける仕事ができる

握手

複雑化した人間関係の中でコミュニケーションを取らなくてはいけないことも多く、難しく感じることでメンタルが弱くなってしまう人もいます。そういった人に対して助けになるのが心理カウンセラーであり、また認められている国家資格が「公認心理師」といわれています。

4年制大学

心理カウンセリング

しかし、これは誰でも公認心理師になれるわけではなく、4年制大学の必須間目を終了できて試験を受ける資格を得ることができます。実務経験を積むことも必要なので心理カウンセラーとして活躍するには、大学などを考えて早くから準備をしておくことは間違いありません。大学では社会生活に必要なこと保健医療や福祉の勉強をすることになるので、必要な教科には時間がかかりますが基本情報として勉強をしておくことは必須といえます。

社会生活と心理的な悩み

カウンセリング

公認心理師などの心理カウンセラーの役割では社会生活へ復帰させることもスキルとしていりますし、経験を積むことでわかってくることもおおくあります。資格としては心理カウンセラーとしてのハイスペックな能力があることは大切ですし、経験からそれに対処する方法を編み出してきたことは大切です。資格取得をした際に心理カウンセラーという立場の人は、どのくらい家庭に必要性があるのかより、深く追求をしていくことを深まってきています。

広告募集中